B型肝炎とは

耳にしたことはあれど、B型肝炎っていったいどんな病気なのでしょうか。
B型肝炎とは、B型肝炎ウィルスが原因で起こるのですが、健康だった肝臓の細胞が破壊されて、弱まり機能しなくなる病気です。
主に感染から発症してしまうことが多いとされる病気でもあります。
また慢性化した場合は、肝硬変や肝臓がんを引き起こすともされ非常に厄介な病気です。


さてそのB型肝炎が発症した場合の症状なのですが、初期症状としては気だるさ、食欲不振などです。
しかし、これだけでは風邪とも捉えられるので分かりません。
徐々に進行していくと、排尿が濃い、黄疸などが挙げられます。
感染したからといって必ずしも、全員がこのような症状になるわけではなく、感染者の3分の1に症状が出ると言われているので、残りは、自然治癒していきます。
B型肝炎の発症ルートはほぼ感染です。
感染ウィルスとしてHIVやC型肝炎などがありますが、それ以上に感染力の強いウィルスと思ってください。
感染は、性行為や母子感染です。
輸血の感染はまれと分かっているので、おおむねこの2パターンの感染です。


さきほどの説明からも3分の2は発症することがないため、その場合には治療は必要ありません。
症状が出ぬまま自然治癒していきます。
急性B型肝炎の場合、症状によって治療が若干異なりますが、食欲低下などであれば栄養補給のため点滴を行います。
これは、B型肝炎の治療ではなく症状に対するケアです。
基本、急性の場合、なおかつ初期の場合にはウィルスそのものを退治するための薬は処方しません。
進行すると、拡散アナログ製剤の投与をします。


▼特選サイト
B型肝炎の給付金請求に関して弁護士に何度でも相談出来るサイトです⇒ B型肝炎 給付金

Copyright © 2014 B型肝炎の治療法 All Rights Reserved.